これで今夜から安眠|気軽にできるいびきの治し方|寝る体勢を変えていびきを防止

気軽にできるいびきの治し方|寝る体勢を変えていびきを防止

女性

これで今夜から安眠

睡眠

フィットしすぎも良くない

旅行先で枕が変わったために、寝られなかったという人も多いかと思います。それほど睡眠には枕がとても重要で、合わない枕を使用すると健康にも直結します。理想の枕と出会いたいものですが、いくつ試してみてもしっくり来ないという意見が多いです。理想の枕とは言っても、個人によってその形状や高さや素材などが変わってきます。痩せ気味か太り気味かによっても変わってきますし、体全体の骨格も要素になります。頭にフィットするのが理想の枕と思われがちですが、じつはそうではありません。というのも人間は睡眠時に幾度となく寝返りを打ちます。あまりにフィットしすぎると、思うように寝返りが打てなくなり、腰痛の原因になったりもします。

高さと素材も重視

多くの要素の中で、もっとも大切なのは高さだと言われています。高すぎると気道を押しつぶす感じになるためイビキが起こりやすくなり、神経を圧迫するために翌朝頭痛に襲われることもあります。もし高さが合わないと感じたら、タオルを敷くなどして高さ調整をしてみましょう。続いて素材ですが、あまり柔らかすぎるのはおすすめできません。先述したように寝返りが打てなく恐れがあるからです。低反発が理想の枕とも言えそうですが、なにぶん睡眠時には汗を大量にかくため、吸湿性や通気性なども考慮に入れるようにしましょう。また、洗いやすさも大切です。睡眠は食事と同様にとても重要です。毎日使うものだからこそ、よく吟味して選ぶようにしたいものです。