気軽にできるいびきの治し方|寝る体勢を変えていびきを防止

メンズ

手足の冷えの改善

手

手足の冷えによって生活に支障をきたしていた私は、遠赤外線効果を持つアイテムを使用することによって生活をより良くすることができました。遠赤外線効果を持つグッズは多くの種類が発売されているので、これから流行していくと思います。

詳細

これで今夜から安眠

睡眠

健康に直結する睡眠時の枕ですが、理想の枕は個人によって変わってきます。高さや素材など、さまざまな要因を加味して決めるようにしましょう。寝返りの必要性もあるので、フィットしすぎるというのもよろしくありません。

詳細

健康改善を目指すために

レディー

規則正しい食事や運動習慣は、健康な身体を保つために欠かせません。持病や体質が原因で食事制限がある場合は、サプリメントなどの健康食品を上手に活用しましょう。更年期に起こりがちな不快症状には、女性ホルモンを増やす食材が効果的です。

詳細

他人に迷惑なだけではない

困る人

酸素不足に陥る

いびきは単に音が出るだけではなく、かくと酸素不足に陥ります。つまり、近くで寝ている人の睡眠を邪魔するだけではなく、自分の体にとっても有害なのです。体に十分な酸素が供給されなければ、だるさを感じることになりますし、免疫力も低下します。よって疲労感がありますし、風邪をひきやすくなります。また、脳に酸素が行き渡らないことで集中力や根気が失われてしまいます。他にも自律神経のバランスを乱して、イライラすることになりますし、更には、高血圧を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。このようなことですから、他人に迷惑をかける、かけない関係なく、いびきは治すべき症状なのです。幸いなことに、いびきには簡単な治し方があります。その治し方とは、横向きに寝ることです。

横向きに寝て治す

どうして横向きに寝ることが、いびきの治し方になるのかというと、いびき発生のメカニズムを知れば納得できます。いびきは、喉が狭くなることで発生します。では、なぜ喉が狭くなるのかというと、舌が喉の奥に引っ込み、それに伴い、周囲の筋肉が緩んでしまうからです。舌が喉の奥に引っ込んでしまうのは仰向けに寝ていることが原因ですから、横向きに寝ることが、いびきの治し方になるというわけです。横向きに寝ても治らないようでしたら、医療機関を受診すべきです。いびきの治療は様々な医療機関で行っていますから、事前に確認さえしておけば、容易に治療は受けられます。また、健康グッズを使用して改善してみるのもいいでしょう。鼻腔にチューブを挿入するものや鼻にバーを貼るものなど多様です。また、また喉の奥にスプレーをかけることで、いびきを予防するものもあります。しかし、どのグッズも相性は人によって異なるので、まずは試してみて継続できそうなものを探してみましょう。